1日、米フロリダ州サーフサイドのマンション崩落現場近くに張り出された写真を見るバイデン大統領(左)とジル夫人(ロイター=共同)

 【サーフサイド共同】バイデン米大統領は1日、マンション崩落が起き145人と連絡が取れなくなっている南部フロリダ州サーフサイドを夫人と共に訪れ、現場近くに花を手向けて黙とうをささげた。地元当局者から現状説明を受けた後に演説し「(倒壊を免れた)残りの建物が崩れる恐れがある」と指摘、二次被害を防ぐために安全確認を急ぐ必要があると強調した。

 バイデン氏の訪問に先立ち、地元当局は安全確保を理由に捜索作業を一時中止。これまでに18人の死亡が確認されており、大惨事となる恐れが出ている。

 捜索活動の長期化が懸念される中、バイデン氏は犠牲者や安否不明者の家族とも面会した。

無断転載・複製を禁じます