【ナイロビ共同】南アフリカのラマポーザ大統領は27日、国内で5月に顕著になった新型コロナウイルス流行の第3波について「事態が悪化している」と危機感を表明、酒類の販売禁止を含む行動制限を28日から導入すると発表した。

 ラマポーザ氏は、インドで最初に確認された変異株「デルタ株」の感染が拡大しているとした。

 小規模な葬儀を除き、屋内外を問わず集会を禁止。レストランの営業は持ち帰りのみとなる。期間は2週間で、状況に応じて延長する。

無断転載・複製を禁じます