勢いよく噴き出す水に見入る観光客=立山町の黒部ダム

 26日の富山県内は、上空の寒気や湿った空気の影響を受けて大気の状態が不安定となり曇りで、県西部を中心に、局地的に激しい雨が降った。最高気温は富山市中心部で29・1度、朝日町で28・9度と、全10観測地点で25度以上の夏日だった。

 富山市で72歳の男性が熱中症疑いで搬送された。軽症とみられる。

 立山町の黒部ダムでは、毎年恒例の観光放水が始まった。日本一の高さを誇る186メートルの壁面から勢いよく水が噴き出し、観光客は虹もかかる鮮やかな光景に見入った。

 観光放水は夏場に水位が下がる黒部川の景観維持を目的に行っている。10月15日まで。

無断転載・複製を禁じます