氷上でポーズをとるロコ・ソラーレの(左から)石崎琴美、吉田夕梨花、藤沢五月、鈴木夕湖、吉田知那美=26日(ロコ・ソラーレ提供)

 カーリング女子で2018年平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレが26日、今季始動に当たってオンラインで記者会見を開き、スキップ藤沢五月は「全員で最後の最後まで、最高のパフォーマンスをしたい」と意気込んだ。

 21日から氷上での練習を開始。まずは9月に行われる22年北京冬季五輪代表決定戦(北海道・稚内市)を見据える。2月の日本選手権決勝で敗れた北海道銀行との対戦へ向け、サード吉田知那美は「いろんな秘策を準備している」と語る。夏には地方で行われる大会などに出場して実戦を重ね、鍛える予定だ。

 リード吉田夕梨花は「今までの一番のプレーを」と決意を述べた。

無断転載・複製を禁じます