脱線した富山地方鉄道の電車=昨年7月26日、富山市新庄町

 運輸安全委員会は24日、昨年7月に富山市新庄町の富山地方鉄道本線東新庄-新庄田中駅間で起きた電車脱線事故の調査報告書を公表した。レールを固定する装置の不備などにより、線路幅が広がる「軌間拡大」の発生したことが原因とした。同社が装置の不備や事故のリスクがある箇所を把握していながら、補修をしていなかった実態も明らかになり、事故につながったとみられる。

 昨年7月26日午前9時ごろ、上市発電鉄富山行きの電車(2両編成)が東新庄駅を出発して間もなく脱線した。乗客31人と運転士1人にけがはなかった。

 報告書によると、電車が左カーブを通過中、線路幅が大きく拡大し、先頭車両の左車輪が線路内に落下し、脱線した。軌間拡大の発生には二つの原因があると指摘した。

 一つ目は、枕木にレールを固定する締結装置の不良が連続していたことだ。事故後には装置が破損していたり、しっかりと締結されていなかったりといった不良箇所が複数見つかった。このため、電車走行時の圧力でレールが動き、線路幅が広がったとみられる。

 二つ目は、線路幅が事故前に既に広がっていたことだ。レールは電車の走行などでゆがむ。同社は安全な運行を確保するため、緊急に保守点検が必要となる「整備基準値」を設定。事故現場ではこの整備基準値を超過していたが、補修していなかった。

  事故現場に手回らず

 同社はレール締結装置に不良があったことを事前に把握していたが、是正していなかった。不良が見つかった際の対応マニュアルがなかったことや、リスクを正しく認識する保守管理の技術力の不足が要因とみられる。

 また、整備基準値を超過していたにもかかわらず補修が行われなかったのは、他にも補修が必要な箇所が多くあり、人員の確保が困難だったためとした。昨年実施した調査では1486箇所で超過していることが分かっており、他の箇所を優先し、事故現場まで手が回っていなかった。

 再発防止策として、基準値を超過した箇所の補修までの期限を設定するべきと指摘。レール締結装置の状態について適正に判定できるようマニュアル作成を要請し、保守計画を抜本的に見直し、管理体制を再構築するよう求めた。

 富山地方鉄道は事故を受け、脱線防止レールを設置。現場を走行する際に徐行するほか、全線でレール締結装置の不良箇所を全て交換した。同社技術部の担当者は「脱線を二度と起こさないよう、運輸安全委員会の指摘事項を真摯に受け止め、これから社内で実行するための計画を立てたい」と話した。

  過去にも同種事故 運輸局「行政指導あり得る」

 富山地方鉄道では2012年7月にも、富山市堀の上堀駅構内で電車の脱線事故が発生している。原因は今回と同様に線路幅が広がる「軌間拡大」が発生したためだ。当時の事故では運輸安全委員会から勧告も受けていたが、事故は繰り返された。

 同種の事故は過去にも全国で相次いでおり、運輸安全委員会は18年に「軌間拡大防止策の促進について」との通知を出し、レール締結装置を適正に管理することなどを周知していた。

 事故発生原因は、経営環境が厳しく規模の小さい地域鉄道に共通する点が多いとされる。経年劣化などにより補修箇所が増える一方で、人員は限られ、降雪の多い北陸では冬季の作業が制約される。実際、富山地鉄では整備基準値を超えている箇所が1486箇所にも上り、補修が追いつかなかった。

 しかし、運行の安全確保は大前提であり、北陸信越運輸局の担当者は「今後の対応次第では、行政指導を行うこともあり得る」と強調。同社の対応について、適切な再発防止策が講じられているかを継続して監督していく考えを示した。

無断転載・複製を禁じます