23日から復刻される国幣中社時代の御朱印=高岡市の射水神社

 高岡市の射水神社は、1871(明治4)年に近代社格制度の県内唯一の最高位「国幣中社(こくへいちゅうしゃ)」に列格して150年を迎えたことを記念し、国幣中社時代の御朱印のデザインを復刻した。国幣中社となった旧暦5月14日にあたる23日から、御朱印を初穂料500円で、1千枚限定で授与する。

 御朱印には、中央に「国幣中社射水神社」と記した6センチ四方の角印、右上に同じ文言を記した神鏡型の印、左下には「射水神社社務所印」と記した角印が押されている。

 三つの印章は1929(昭和4)年の御朱印に押されていた。県内の崇敬者が保管していたものを神社が十数年前、記録していた。さらに神社に残されていた「印章版木台帳」を参照、はんこ店「中村三光堂」(高岡市末広町)が復刻した。

 射水神社は戦後、近代社格制度の廃止に伴って国幣中社の社格を失い、廃止以前の印章は残っていない。

 今回復刻された印章は戦前~戦中まで使われていたとみられ、現在は印章の調査中に見つかった1927、28年の印章もそれぞれ調べている。田中天美権禰宜(ごんねぎ)は「あらためて神社の歴史に理解を深めるとともに、神とのご縁を結んでほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます