ファンズと連携し、福岡銀行が融資を決めた「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」(同ホテル提供)

 福岡銀行は22日、クラウドファンディング(CF)を運営する「ファンズ」(東京)と連携し、全国の個人投資家からインターネットで集めた資金を福岡の企業に融資する取り組みを始めると発表した。第1弾として「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」(福岡市)への融資を決めた。

 投資家は配当のほかホテルの優待を受けられ、ホテルにとっても利用者の開拓や知名度の向上につながる。地方銀行とCFとの連携は珍しいという。

 ファンズが集めた資金を、福岡銀を通じて貸し出すことで、融資先の貸し倒れのリスクは福岡銀が負う。今回は計5千万円の出資を募り、期間11カ月で配当は1%としている。

無断転載・複製を禁じます