株主総会で経営方針を説明する日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)=22日午前(日産公式ユーチューブから)

 日産自動車は22日、横浜市の本社で定時株主総会を開いた。日産の連結純損益は2022年3月期まで3年連続の赤字となる見通しだが、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は「今年4、5月の業績は回復の兆しを見せている。赤字を必ず回避したい」と決意を示した。

 株主からは、他社と比べ業績回復が遅れていることなどに不満の声が上がった。内田氏は「半導体の供給不足の影響で(22年3月期の)配当予想は見送っているが、できるだけ早期に復配することを目指す」と述べた。

 総会では企業連合を組む仏自動車大手ルノーとの提携関係を定めた協定内容の開示を要求する個人株主の提案は否決した。

無断転載・複製を禁じます