集団食中毒で会見する関係者=富山市保健所

 富山市内の小中学校や保育施設などで児童生徒らが食中毒の症状を訴えている問題で、富山市は19日、給食などで提供した牛乳が原因と断定し、食品衛生法に基づき、牛乳を製造した同市の「内田乳業」を営業禁止とした。同日会見し明らかにした。

 市によると、17日に内田乳業を立ち入り調査し、関係者から事情を聴いたところ、タンクや配管の洗浄で不十分な箇所が見受けられたという。ただ、このことが食中毒につながったかどうかは判明しておらず、原因物質も調査中とした。

 市などによると、18日までに同じ牛乳を飲んだ市内の16小中学校、5保育施設、2県立高校、1幼稚園の計24施設で食中毒が発生した。

 18日午後5時現在、問題となっている牛乳を飲んだ関係者の数は6238人。このうち0歳~50代の1212人に発熱や下痢などの症状が確認されている。

無断転載・複製を禁じます