サッカー女子国際親善試合ウクライナ戦の前半、チーム3点目のゴールを決め、笑顔を見せる宝田(奥右)=2021年6月10日、エディオンスタジアム広島

 日本サッカー協会は18日、東京五輪女子代表(なでしこジャパン)メンバー18人を発表し、立山町出身のDF宝田沙織(21)=スピリット=が選ばれた。日本は銀メダルを獲得したロンドン五輪以来、2大会ぶり5度目の出場。サッカー女子では富山県勢で初の選出となる。

 開会式に先立って7月21日に開始される1次リーグE組の初戦でカナダと当たり、中2日で英国、チリと対戦する。

 なでしこは今月下旬から合宿に入り、7月14日に予定する強化試合を経て五輪本番に向かう。

 女子は12チームが出場。1次リーグは4チームずつ3組に分かれて争い、各組上位2チームと3位の成績上位2チームが準々決勝に進む。

無断転載・複製を禁じます