記者会見する日本医師会の中川俊男会長=16日午後、東京都文京区

 日本医師会(日医)の中川俊男会長は16日、東京都内で記者会見し、20日に期限を迎える新型コロナウイルスの緊急事態宣言に関し「延長した上で東京五輪、パラリンピック(開催)という流れが理想的だ」と述べた。

 中川氏は、宣言が発令されている10都道府県の中に「解除できないのではないかと思う地域もある」と指摘。宣言解除の場合は、まん延防止等重点措置に切り替え、規制を徐々に解除していくべきだと主張した。

 五輪を約1カ月後に控える中で、イベント開催の要件を巡り、変異株の影響などを慎重に考えるべきだとも語った。

無断転載・複製を禁じます