記者会見する富大の斎藤滋学長=16日午前、富山市

 富大学術研究部医学系の仁井見英樹准教授、小澤龍彦准教授らの研究グループは16日、新型コロナウイルス感染症の多種類の変異株が体内で増殖するのを妨げる「スーパー中和抗体」を特定し、人工的に作り出すことに成功したと発表した。軽症や中等症の患者が重症化するのを防ぐ治療への活用が期待され、今後、製薬企業と連携し、早期の実用化を目指す。

 新型コロナに感染し、重症から回復した患者の血液から、富大独自の抗体取得技術を用いてスーパー中和抗体を見つけ出した。ウイルスの感染を阻害する働きが強く、野生株のほか、インド株を含む現在知られているほとんどの変異株に効果があることが確認された。

 現在、変異株の治療は、数種類の中和抗体をまぜ合わせて利用しているが、スーパー中和抗体は1種類でほぼすべての変異株に対応できるという。

 ウイルスの突然変異が起こりにくい部分と結合するとみられ、今後新たな変異株が出現しても、効果がある可能性が大きい。同大は現時点で最も理想的な抗体だとしている。

 富大五福キャンパスで記者会見が開かれ、齋藤滋学長は「治療薬開発にとって大きなインパクトがある研究成果だ」と強調した。北島勲理事・副学長が成果を説明した。

無断転載・複製を禁じます