サインに応じる米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平=5月、ボストン(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構は14日、オールスター戦(7月13日・デンバー)のファン投票の第1回中間結果を発表し、エンゼルスの大谷翔平がア・リーグの指名打者部門で52万6608票を得てトップに立った。2位はマルティネス(レッドソックス)の29万3757票で、約23万票差をつけている。

 24日までの1次投票で選ばれた各ポジションの上位3人(外野手は上位9人)が27日に発表され、28日からの最終投票の結果は7月1日に発表される。

無断転載・複製を禁じます