オンラインで記者会見する東芝の永山治取締役会議長=14日午後、東京都内

 東芝の永山治取締役会議長は14日、オンラインで記者会見し、運営が公正でなかったと外部弁護士が調査報告書で結論付けた昨年の定時株主総会について「企業統治や法令順守の意識が欠如していたと言わざるを得ない」と述べた。報告書は東芝が経済産業省と一体となり「物言う株主」の株主提案権行使を妨げようとしたと指摘しており、永山氏は経産省との関係を問題視した。

 監査委員会委員長の太田順司氏ら社外取締役2人と、豊原正恭副社長ら執行役2人を退任とした理由は「株主の信任を得るのは難しいと判断した」と説明。監査委は過去の調査で「総会運営に問題はなかった」と判断し批判が出ていた。

無断転載・複製を禁じます