朝乃山

 日本相撲協会は11日、東京都内で臨時理事会を開き、協会が定めた新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反した大関朝乃山(27)=本名石橋広暉、富山市呉羽町出身、富山商高OB、高砂部屋=に6場所出場停止と6カ月の報酬減額50%の処分を科すと決めた。大相撲名古屋場所(7月4日初日・ドルフィンズアリーナ)はかど番のため、大関からの陥落が事実上決定した。

【関連記事 「ここまで厳罰とは」】

【関連記事 朝乃山処分の要旨】

 処分期間が来年5月の夏場所まで及ぶ厳罰となり、番付は三段目あたりまで大きく落ちる見通しとなった。

 朝乃山は5月21日付で引退届を提出し、八角理事長(元横綱北勝海)預かりになっている。今後、迷惑を掛ける行為があった場合、協会は受理する見込み。朝乃山の先代師匠の錦島親方(元大関朝潮)も外出禁止期間中に飲酒を伴う会食などを繰り返したとして、協会は10日に同親方の退職願を受理した。

 協会によると、原則的に外出禁止期間中だった今年1月の初場所から5月の夏場所にかけ、場所前などに計10回キャバクラに通うなどした。協会の聞き取りに当初は事実を否定して虚偽の報告をし、その後に認めて夏場所を途中休場、負け越しとなった。

 調査したコンプライアンス委員会は「大関としての尊厳を著しく汚した」と糾弾。その上で、後に事実を認め、引退届を提出するなど反省の態度が見られるとして、出場停止と報酬減額の処分が相当と八角理事長に答申した。

 当初、協会に虚偽報告し、スマートフォンに残っていた証拠を消去するなどしたことや、力士の模範となるべき大関である点が考慮され、厳しい処分になったという。

 朝乃山の師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)は監督責任を問われ、3カ月の報酬減額20%の処分を科された。ガイドライン違反では幕内阿炎(現幕下)や幕内竜電が3場所出場停止処分を受けた。

無断転載・複製を禁じます