友釣りで釣れたアユ(下)=11日午前10時25分、金沢市大桑町

 16日のアユ釣り解禁を前に、金沢漁協は11日、金沢市大桑町の犀川で試し釣りを行い、組合員10人が1時間で約100匹を釣り上げ、順調な成長を確認した。

 組合員が友釣りと毛針釣りで試し釣りを行った。大きさはおおむね15~16センチで、例年並みという。中には体長18センチの大型のアユもいた。

 金沢漁協は4~6月初旬に犀川や浅野川などで稚魚約40万匹を放流した。今月初旬には、犀川で水量調整を行ったことで、上流への遡上(そじょう)も順調に進んでいる。

 八田伸一組合長は「昨年に続き、天然遡上の数が多い。コロナ禍だからこそ、自然の中で多くの人に釣りを楽しんでほしい」と話した。

  県内午前で25度超え

 石川県内は11日、おおむね薄曇りとなった。正午までの最高気温は加賀菅谷29・3度、輪島、七尾、小松28・3度、金沢28・2度など、11観測地点全てで25度を上回った。

無断転載・複製を禁じます