福島県三春町で昨年5月、面識のない男女2人をトラックで故意にはねて殺害したとして、殺人や道交法違反(ひき逃げ)などの罪に問われた住所不定、無職盛藤吉高被告(51)の裁判員裁判公判が11日、福島地裁郡山支部で開かれた。検察側は「刑務所を自己の安住の場と捉えて事件を起こした。他人の生命軽視が甚だしい無差別殺人だ」として死刑を求刑した。

 事件は被告が刑務所を出所した2日後に発生。検察側は論告で、被告が2人を発見後、トラックをUターンさせて正面からはねようとしたと指摘。「死亡の可能性が高まる行為を選んでおり、殺意は明らかだ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます