インターネット上の投稿で脅迫され、イベント出演を取りやめた作家の川上未映子さんが、東京都在住の投稿者に448万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、違法性を認め、投稿者に約324万円の支払いを命じた。

 判決によると、投稿者は掲示板「5ちゃんねる」や自身のブログで2018年8~10月、公開イベントに出演予定だった川上さんに対し「やるっきゃない、さすしか」「今必要なのは恨みを晴らす直接的な行動」などと8件の書き込みをした。川上さんは相談した警視庁の要請で、出演を断念した。

 判決は慰謝料のほか、投稿者を特定するのに要した費用も損害として認定した。

無断転載・複製を禁じます