ビットコインのロゴとエルサルバドルの国旗=9日(ゲッティ=共同)

 【サンパウロ共同】中米エルサルバドルの議会は8日、代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨にする法案を賛成多数で可決した。ビットコインを法定通貨とするのは世界で初めて。国内外のメディアが報じた。

 エルサルバドルは2001年に法定通貨として米ドルを採用しており、ドルも従来通り流通する。ブケレ政権が「ビットコイン法」という法案を提出、ブケレ大統領の与党が多数を占める国会で可決された。官報掲載から90日後に発効する。

 政府はエルサルバドル国民の7割が銀行口座など従来の金融サービスへのアクセスがないことなどを理由に挙げた。

無断転載・複製を禁じます