石川県は18日、県内の男女43人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2日ぶりに40人を上回り、感染経路不明者は14人で前日から倍増した。県内の感染者は累計3292人となった。

 18日の検査件数は491件で、前日の250件から大幅に増えた。陽性率は8・8%で、直近1週間の平均8・2%を上回った。

 県の指標は、直近1週間の新規感染者数が335人で、前日から2人増えた。病床使用率は76・7%で、2日連続で減少した。直近1週間の感染経路不明者数と重症者用病症使用率の変動はなかった。

 クラスター(感染者集団)では、福祉施設4例目で1人の陽性が分かり、計37人。飲食店15例目でも1人が感染し、累計12人となった。

 18日公表の感染者43人のうち、クラスターを除く濃厚接触者と接触者は27人だった。

 感染者43人は10歳未満~80代で、小学生、大学生、医療従事者を含む。年代別では20代が13人で最も多く、50代10人、60代5人と続く。症状は中等症1人、軽症と無症状41人、調査中1人。居住地は金沢市26人、加賀市6人、小松市5人などとなっている。

無断転載・複製を禁じます