医薬品の違法製造で福井県から業務停止命令を受けている製薬会社「小林化工」(あわら市)で、製造工程に使うアルコール(エタノール)の正確な使用量を国に報告しないといった不適切な管理があったことが18日、同社や関係者への取材で分かった。アルコール事業法に違反する疑いがあり、所管する経済産業省は同社から報告を受け次第、事実関係を調べる。

 同社は不適切な管理を認め「監督省庁に相談、報告する」としている。経産省の担当者は「虚偽報告など悪質性によっては業務改善命令や罰金が科される」と話し、同社への立ち入り調査の可能性も示唆した。

無断転載・複製を禁じます