大学生と高校生の就職率

 今春に大学を卒業し、就職を希望した人の4月1日時点の就職率は96・0%で、過去最高だった前年同時期より2・0ポイント減少したことが18日、厚生労働省と文部科学省の調査で分かった。7・0ポイントの減少だった昨年10月時点の内定率より改善したものの、新型コロナウイルスの感染拡大による採用抑制が影響した。今年3月末時点の高校生の就職率は0・2ポイント減の97・9%だった。

 大卒就職率の減少幅は、リーマン・ショックの影響を受けた2010年4月の3・9ポイントに次ぐ水準。厚労省は「来春に卒業する学生らへの影響は引き続き注視が必要」としている。

無断転載・複製を禁じます