記者会見する加藤官房長官=17日午後、首相官邸

 加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、自治体職員を名乗り、新型コロナウイルスワクチンの接種予約を代行するとして、高齢者に金銭を要求する事例が相次いでいることに関し「代行を禁止した法令があるとは承知していない」と明らかにした。ただ「詐欺被害につながりかねないので十分注意いただきたい」と呼び掛けた。

 一方、実際に予約代行をする自治体もあると指摘。「まず住んでいる自治体に確認してもらいたい」とも述べた。

 予約代行を巡り、消費者庁はホットラインで無料相談に応じている。電話(0120)797188。午前10時~午後4時、土日祝日も相談可能という。

無断転載・複製を禁じます