記者会見する自殺した女子生徒の母親=17日午後、熊本県庁

 2013年、熊本県立高校3年の女子生徒=当時(17)=が自殺したのはいじめが原因で、学校側も適切な対応を怠ったとして、遺族が17日、同級生8人と県に計約8340万円の損害賠償を求め熊本地裁に提訴した。

 訴えによると、生徒は13年4月11日に自殺した。遺族は、体育祭のダンスの練習で、同級生から中傷したりばかにしたりする言葉を浴びせられたことを苦にしたと主張。生徒の携帯電話には、遺書とみられる文書が残されていた。県の第三者委員会は15年、同級生の行為は自殺原因の一つと指摘。

 県教育委員会は「訴状が届いておらず詳しい内容は承知していない」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます