練習試合でループシュートを放つ菅沢(左から2人目)=福島県のJヴィレッジ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は16日、福島県のJヴィレッジでの強化合宿で男子との練習試合を実施した。日本フットボールリーグ(JFL)いわきFCのユースチームと45分2本、30分1本の形式で合計2―4だった。

 1本目に清水(日テレ東京V)のロングボールから菅沢(三菱重工浦和)がループシュートを決めて先制。その後はカウンターやミスなどから失点を重ねた。3本目に浜田(マイナビ仙台)のシュートの跳ね返りを上野(広島)が押し込んだ。かつてJヴィレッジを拠点としたJFAアカデミー福島出身の菅沢は「五輪の舞台でお世話になった方に恩返しができたら」と話した。

無断転載・複製を禁じます