兵庫県三田市の森哲男市長(69)が13日、65歳以上の一般高齢者向け接種が始まっていないのに新型コロナウイルスワクチンを接種したことが分かった。市によると、医療従事者向けのワクチンが余ったため接種したという。

 三田市では医療従事者や高齢者施設の入所者を対象とした接種は既に始まっているが、一般高齢者への接種は17日から開始予定。森市長は自身が感染した場合にコロナ対策の責任者が不在となるリスクを避けるため、市民病院の医師の助言もあり余った分を接種した。

 市の担当者は「市長は率先して接種することでワクチンの安全性をアピールする考えもあった」と説明している。

無断転載・複製を禁じます