文科省の検討会が、機体を再使用するタイプの新型ロケットを2030年ごろに打ち上げるとうたう中間報告をまとめることが12日、分かった。開発中のH3ロケットに次ぐ主力機を想定する。

無断転載・複製を禁じます