石川県は12日から、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、金沢市内の飲食店に要請する営業時間の短縮を1時間繰り上げて午後8時までとする。他市町はこれまで通りの午後9時までの閉店を求める。飲食店以外の集客施設にも時短の協力を依頼する。いずれも期間は31日まで。

【関連記事 時短応じず通常営業】

 酒類の提供は金沢市内が午後7時まで、他市町は午後8時までとする。時短に応じた店舗には協力金を支給し、より強い要請となる金沢市内は他市町より金額を上乗せする。

 時短の協力を依頼する施設は劇場や展示場、ホテル・旅館(集会に活用する場所に限る)、博物館、美術館、スポーツクラブなどがあり、時短内容は飲食店と同様となる。映画館は金沢市内も午後9時まで。法律に基づかない依頼のため協力金は支給されない。

 県は11日までの時短に対する協力金について、12日から6月末まで飲食店の申請を受け付ける。支給開始は6月上旬となる予定。

無断転載・複製を禁じます