麻生太郎財務相

 麻生太郎財務相は11日の閣議後記者会見で、森友学園に関する決裁文書改ざんを巡る訴訟で、自殺した近畿財務局元職員赤木俊夫さんが改ざんの過程をまとめた文書「赤木ファイル」が存在することに関して「4月20日ごろに報告が上がってきた」と述べた。

 10日の衆院予算委員会で存在を確認した時期を「かなり前の方からだ」と答えたことに関しては「赤木ファイルという名前を聞いたのは1年くらい前だ」と言及した。

 文書を巡っては、赤木さんの妻が国側に損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁が3月、任意で提出するよう国側に提案し、5月6日に国側が存在を初めて認める意見書を提出した。

無断転載・複製を禁じます