仕事が原因で新型コロナウイルスに感染したことによる労災認定が、今年4月時点で計5340件に上ることが10日、厚生労働省の集計で分かった。うち8割を医療、福祉関連の従事者が占め、申請は今年に入って急増している。

無断転載・複製を禁じます