佐賀県みやき町の聖火リレー会場で、ランナーの寺田恭夫さんを見つめる古賀稔彦さんの母愛子さん(奥右から2人目)=10日午前

 東京五輪の聖火リレーは10日、佐賀県での2日目を迎えた。基山町をスタートし、3月に53歳で亡くなった柔道家古賀稔彦さん出身のみやき町を走った。母愛子さんは、古賀さんの写真を持ちリレーを見守った。

 ランナーを務めた寺田恭夫さん(76)は、古賀さんの母校の小学校でグラウンドを笑顔で1周。寺田さんが身に着けていた銀色のペンダントには、1992年のバルセロナ五輪で金メダルを獲得した古賀さんの写真が納められていた。

 小学校を訪れた愛子さんは「生前、ランナーとして子どもたちの前で走ることを楽しみにしていた」と話した。

無断転載・複製を禁じます