ペーサーズ戦でシュートを放つウィザーズの八村=インディアナポリス(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 グリズリーズ戦でシュートを放つラプターズの渡辺=タンパ(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは8日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地インディアナ州インディアナポリスでのペーサーズ戦で体調不良から3試合ぶりに復帰して先発し、34分56秒で13得点、6リバウンドだった。チームは延長戦を133―132で制した。

 ラプターズの渡辺雄太はグリズリーズ戦に自身3度目の先発を果たし、24分36秒で11得点、4リバウンドだった。チームは99―109で3連敗。

 東カンファレンスでウィザーズは32勝36敗で9位、ラプターズは27勝41敗の12位。各カンファレンスの7~10位がプレーオフ進出決定戦に進む。

無断転載・複製を禁じます