【北京共同】中国が東南アジア諸国連合(ASEAN)との外相会議を6月に中国で開くよう提案していることが7日、分かった。ミャンマー高官らを招き経済などで実務協力を協議する会合も調整している。中国政府筋が明らかにした。習近平指導部は中国を念頭にした先進7カ国(G7)などの結束をにらみ、ASEANへの接近を加速している。

 中国政府筋によると、ASEANとの会議は中国が主催して地方都市での開催を検討し、各国の閣僚を招待。1991年に中国とASEANが対話を開始して今年で30年を迎えるのを記念し、さらなる連携強化を確認したい考えだ。

無断転載・複製を禁じます