富山県は7日、新型コロナウイルスに感染していた1人の死亡と、新たに8人の感染を確認したと発表した。富山市は同日、市内の介護老人福祉施設でクラスター(感染者集団)が発生したと明らかにした。

 新たに感染が確認されたのは、富山、射水、氷見、魚津、滑川、立山の各市町に在住する20代~50代の男性6人、女性2人。

 このうち、富山市の30代男性は同市の介護老人福祉施設の職員で、この施設ではこれまでに職員や利用者計5人の感染が確認されており、市は感染状況なども検討した結果、施設で市内20例目、県内23例目のクラスターが発生したとみている。

 県内の感染者から新たに26人に変異株の陽性も確認された。

 7日午前10時現在、県内で入院中の患者は75人で、うち重症者は7人となっている。

 県内の死者は計31人で、感染者累計は1388人(うち変異株260人)となった。

無断転載・複製を禁じます