関係閣僚との会合後、首相官邸で取材に応じる菅首相。東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令している緊急事態宣言の延長方針を表明した=6日午後

 緊急事態宣言の延長を巡り想定される流れ

 政府は新型コロナウイルス対策として東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に11日までの期限で発令中の緊急事態宣言を31日まで延長し、新たに愛知、福岡両県を追加する方針を固めた。7県に出している「まん延防止等重点措置」から宮城県を解除し、北海道、岐阜、三重の3道県を加える方向だ。複数の政権幹部が6日、明らかにした。7日に政府対策本部会合を開き、正式決定する。

 緊急事態宣言の対象地域で実施している大規模イベントの原則無観客は、入場者を5千人か定員に対する収容率50%の少ない方を上限に認める方向で調整。大型商業施設に対する休業要請を見直し、時短営業を基本とする。

無断転載・複製を禁じます