自家用車で巡る来場者に動きを披露する重機=金沢市の石川県産業展示館多目的広場

 日本青年会議所石川ブロック建設クラブの「はたらくくるまサファリパーク2021」(北國新聞社後援)は5日、金沢市の石川県産業展示館多目的広場で開かれた。ショベルカーやクレーン車、高所作業車などさまざまな重機が並ぶ会場を、親子連れが自家用車に乗ったまま巡った。

 県内の若手建設業者が3密を回避したイベントとして企画した。建設現場や災害現場で活躍する車両が40台以上展示され、スタッフがアームを動かすなどそれぞれ車の動きを披露した。

 訪れた子どもたちは車の中からクレーン車を撮影したり、高所作業車のスタッフに手を振ったりして、見学を楽しんだ。

無断転載・複製を禁じます