拝殿の柱にショウブとヨモギの束を取り付ける神職=高岡市の射水神社

 5日の「端午の節句」を前に、高岡市の射水神社で4日、ショウブを用いて無病息災や疫病退散を祈る「菖蒲葺(しょうぶふ)き」が行われた。ショウブの強い香りは邪気を払うとされており、神職がショウブとヨモギの束を拝殿の柱2カ所に取り付け、子どもの健やかな成長と新型コロナウイルスの早期終息を願った。

 菖蒲葺きは菖蒲湯などと同じ端午の節句の風習であり、同神社によると、かつては県内でも見られたという。同神社が行うのは昨年に続き2回目で、高岡古城公園管理事務所から園内に自生するショウブとヨモギが提供された。

 手水舎の屋根にも8束を投げて祈念した。田中天美権禰宜は「コロナ下での多くの人々の努力に感謝し、祈りを続けるとともに、子どもたちに昔ながらの風習を知ってもらう機会にしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます