コロナ禍によるイベントや大会の中止・延期などで、スポーツ業界も音楽業界も苦境に立たされている現在。“百獣の王”武井壮が呼びかけ&発起人となり、新たなプロジェクト「#スポーツを止めるな #音楽を止めるな」が、5日放送のJ-WAVEの9時間生放送特番を皮切りにスタートする。

【写真】『眠れないオオカミ』原作者が描き下ろしたジャケット、MVカット集も

 今回の「#スポーツを止めるな #音楽を止めるな」プロジェクトの目玉企画として、現在キャンペーンソングを制作中。作詞・作曲は、昨年TikTokでブレイクし、もともと武井と交流があったミュージシャン・川崎鷹也に依頼。この楽曲は、超豪華アスリートたちが歌いつなぐ、「We are the world」的な応援ソングとして、現在鋭意レコーディング中で、参加アスリートの名前は今後随時発表していく予定。後日配信予定のこの楽曲の収益金の一部は、コロナ禍でのスポーツ、音楽活動の支援に寄付する。

 楽曲は、今回のキャンペーンのスタートとなる、J-WAVEの番組『J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL  HEARTBEAT SESSIONS 〜#スポーツを止めるな #音楽を止めるな〜』の生放送中に、川崎がアコースティックの生演奏で初披露する予定。同番組は、TikTokLIVE(@jwave813)で同時配信も行う。出演は、(アスリート)赤星憲広、安藤美姫、武尊、土井レミイ杏利、中澤佑二、室伏由佳、吉田沙保里、吉村真晴、(ミュージシャン)足立佳奈、阿部真央、川崎鷹也、清塚信也、河野純喜(JO1)、反田恭平、DJ KSUKE、柳田周作(神はサイコロを振らない)。

 また、フルバージョンの楽曲の発表に先駆けて、5日より川崎のみが歌う60秒のスペシャルショートバージョンをTikTok限定で先行配信する(アーティスト名:TEAM「♯スポーツを止めるな #音楽を止めるな」starring 川崎鷹也)。この「#スポーツを止めるな #音楽を止めるな」キャンペーンは、現在スポーツ界のアカデミー賞、ローレウス世界スポーツ賞にノミネート中の「#スポーツを止めるな」(一般社団法人スポーツを止めるな)の活動と連動したものとなっている。

コロナ禍で武井壮(右)が呼びかけ、「♯スポーツを止めるな #音楽を止めるな」アスリートが歌いつなぐ応援ソングをブレイク中のミュージシャン・川崎鷹也(左)と制作中

無断転載・複製を禁じます