満開を迎えたシャクナゲ=輪島市町野町徳成谷内の天王寺

 輪島市町野町徳成谷内の真言宗天王寺で3日、ピンクや白などのシャクナゲが満開を迎え、参拝者を和ませている。境内と裏山に住民らが寄進した2456本が植えられており、見頃は15日ごろまで続く。

 寺のシャクナゲは廣澤佑昇(ゆうしょう)住職(73)が1984年、高野山(和歌山県高野町)から持ち帰った苗木を植えたのが始まりで、今年は新型コロナ収束などを願って新たに15本を植樹した。

 廣澤住職は「心に癒やしを与える美しい景観を維持していきたい」と話した。同寺で5日に行われる予定だった花祭りと護摩供養は中止となった。

無断転載・複製を禁じます