新装開店したイオンモールかほく。石川県で初出店となる「ガシャポンのデパート」を導入した=かほく市

 北陸の大型商業施設は23日、大型連休に向けて商戦を本格化させた。かほく市のイオンモールかほくはテナント9店を開いてリニューアルし、金沢市の香林坊大和は家族連れ向けの催事を始めた。東京や大阪など4都府県で、新型コロナの感染再拡大に伴う緊急事態宣言が出されることが決まり、遠出を控える人が増えることが予想される。各施設は地元客が増えるとみて、取り込みを図る。

 イオンモールかほくは「もっと楽しく快適に、もっと身近に何度でも」をテーマに、施設を改装した。バンダイナムコアミューズメント(東京)が石川県で初めてカプセルトイ、いわゆる「ガチャガチャ」を約600台並べた「ガシャポンのデパート」を出すなど新店を導入した。

 イオンネットスーパーに対応し、駐車場にはドライブスルー形式で商品を受け取れるレーンを設けた。2階中央には3~6歳児が遊べる広場を用意した。同施設の担当者は「コロナ禍で開店を告知しなかった店もある。新しいお気に入りを探してほしい」と話した。

 「コロナで客足に少し陰りが出ている。対策は万全にして、地元の方を迎えたい」。香林坊大和の担当者は危機感を示す。新型コロナの感染対策で、遠出を自粛して地元で過ごす顧客ニーズを取り込もうと、同館は家族で遊べる企画を用意した。

 23日には絵本「ノラネコぐんだん」の展示や、漫画「ワールドトリガー」、虫好きで知られる俳優、香川照之さんが監修した昆虫グッズを並べる「インセクトガーデン」のコーナーを設けた。

 金沢エムザは「ドラえもん」の催事を開いている。写真撮影のコーナーを設け、会場限定のグッズを用意した。担当者は昨年のこの時期は、地下の食品売り場以外で休業していたことを振り返り「営業できる分まだいいが、まちなかの人出はまた減ってきた。催事場の空間は広いので密を避けて楽しんでほしい」と話した。

 金沢市の金沢フォーラスは変わった生き物を紹介する「キモい展」を企画する。JR金沢駅構内の商業施設「金沢百番街」を運営する金沢ターミナル開発(金沢市)は例年、大型連休に合わせて、ポイント還元を増やすキャンペーンを行っているが、今年は顧客の密集を避けるため自粛する。

無断転載・複製を禁じます