日本郵便の衣川和秀社長は21日にオンラインで記者会見し、物流子会社の一部売却について「新型コロナウイルス感染拡大などで事業環境は厳しい。特に業績悪化が続いている貨物輸送事業の売却が最善と判断した」と語った。

無断転載・複製を禁じます