農産物直売所で店頭販売が始まったエゴマの新スイーツ=富山市上大久保

 JAあおば(富山市)が地元産のエゴマを使い、洋菓子店と共同開発したプリンとシフォンケーキの店頭販売が20日、同JAの農産物直売所「あおばの里みのり館」(同市上大久保)と「あおばの里ほほえみ館」(同市婦中町羽根)で始まった。

 みのり館では、レジ前にエゴマの新商品をPRする区画が設けられ、買い物客から「ドレッシングや油があるのは知っていたけど、スイーツは初めて見た」と驚く声が聞かれた。

 プリンにはエゴマの実を細かく砕いて使い、甘さ控えめで香ばしい香りが楽しめる。ケーキは実をそのまま混ぜ込んで焼き上げており、食感も魅力という。プリンは3個入り870円(税込み)、ケーキは1100円(同)となっている。

無断転載・複製を禁じます