大阪市内のトンネルで昨年5月、大型バイク2台が時速約270キロと約230キロで走行中に接触し、両運転手がけがを負う事故があり、大阪府警住之江署は20日、暴走によって互いにけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、大阪府東大阪市の20代男性2人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。現場の制限速度は50キロだった。

 書類送検容疑は昨年5月23日夜、大阪市の住之江区と港区にまたがる「大阪港咲洲トンネル」を、それぞれ大型バイクで暴走。接触事故を起こして転倒し、互いに重傷を負わせた疑い。

無断転載・複製を禁じます