【モスクワ共同】タス通信などによると、パリ発東京行きの全日空のボーイング787が19日、機長の体調不良のためロシア・シベリアのノボシビルスクの空港に緊急着陸した。機長は脳卒中の疑いがあるとして病院に収容された。

 旅客機だが乗客はおらず、乗員7人だけが搭乗していたという。

無断転載・複製を禁じます