ヤクルトへの入団会見を終え、写真に納まる(左から)サイスニード、バンデンハーク、サンタナ、オスナ=19日、東京都内の球団事務所

 ヤクルトの新入団外国人のバンデンハーク投手、サイスニード投手、オスナ内野手、サンタナ外野手が19日、新型コロナウイルス対策の2週間の隔離期間を終え、東京都内の球団事務所で記者会見した。ソフトバンクから加入したバンデンハークは「コンディションは万全。例年より長く休めたのも良かった」と自信をにじませた。

 4選手は18日から2軍施設で調整しており、2軍戦に出場してから1軍に合流する見込み。中軸として期待されるオスナは「打点を挙げてチームに貢献する」と意気込んだ。小川淳司ゼネラルマネジャーは「とにかく最下位脱出、Aクラスを目標、という戦力補強」と期待した。

無断転載・複製を禁じます