小松市で17日、65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。石川県内の自治体では珠洲市に続いて2例目で、集団接種は初めて。初日は市民センターで65~69歳の60人が接種する。

 市医師会、小松能美薬剤師会、公立小松大保健医療学部、市などからスタッフ43人が運営に当たった。宮橋勝栄市長が視察した。

 同市は65~69歳の約5900人を先行接種の対象としており、このうち、約1900人が予約を済ませた。当面は土日に集団接種を実施する予定で、会場は市民センターのほか、こまつドーム、第一地区コミュニティセンターの計3カ所となる。

無断転載・複製を禁じます