石川県内の特産品を買い求める来館者=16日午前9時15分、白山市徳光町

 北陸自動車道徳光パーキングエリア(白山市徳光町)の隣接地で16日、物産館「白山ゲートウェイとくみつTaanto(タント)」が開業し、初日から大勢の地元客でにぎわった。施設の目玉である「黄金のトイレ」目当てに訪れる客も多く、関係者は新名所の定着に期待を高めた。

 施設の担当者によると、午前9時のオープン前から約40人が列をつくった。黄金のトイレは、新型コロナウイルス感染防止のため全面金箔(きんぱく)貼りの個室が使用禁止となったものの、記念撮影する来館者の姿が目立った。今後、感染状況を見て使用を解禁する。

 地元の70代男性は「金運アップの名所になり、地域の活性化につながればうれしい」と話した。地域の特産品など約4500点が並ぶ売り場も、菓子や調味料を買い求める客で混雑した。施設の営業時間は午前9時~午後7時。

無断転載・複製を禁じます