富山県は8日、県内で新たに男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は累計1001人となり、昨年3月30日に初めて感染者が確認されてから約1年で1千人を超えた。今月判明した感染者13人から変異株を確認したことも公表し、1日当たりの判明数では最多となった。変異株の累計は43人で、うち6人が英国由来と分かっている。

 北陸では、石川県で昨年2月21日に初めて感染者が見つかり、同12月25日に1千人を超えた。福井県は昨年3月18日に感染者が初確認され、8日までの累計は639人となっている。

 富山県が8日に感染を公表した7人の内訳は、富山市の20~60代男性4人、高岡市の30代男性、小矢部市の60代女性、滑川市の20代男性の各1人で、いずれも軽症や無症状。

 県や富山市によると、富山市の20代男性2人と滑川市の20代男性は友人や同僚からの感染とみられる。富山市の40代男性と小矢部市の60代女性は既に家族が感染しており、富山市の60代男性と高岡市の30代男性は感染経路が分かっていない。

無断転載・複製を禁じます