国民民主党の玉木雄一郎代表は8日の記者会見で、新型コロナウイルス感染が急拡大しているとして、東京五輪・パラリンピック開催の再考が必要だとの認識を示した。「延期論を含めて一度冷静に検討すべきだ。まん延防止等重点措置を出すような状況で五輪はできない」と述べた。

 同時に「きちんとした戦略を示さないと非常に厳しい。気合と根性で突っ切る状況は過ぎている」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます