石川県は7日、県内の男女14人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者の公表が2桁となるのは2日連続。4月に入り1週間で計76人となり、3月1カ月間の60人を既に超えた。累計は1987人となった。モニタリング指標の病床使用率が30%を上回るのは、3月1日の31・0%以来となる。

 14人のうち、2人が中等症、12人が軽症か無症状だった。金沢、白山、野々市3市の20~70代の男女8人は感染者の接触者や濃厚接触者である。

 残る6人は金沢、能美両市の20~80代の男女で、感染経路が分かっていない。このうち1人には県外への旅行歴があった。金沢市の30代女性は県内医療機関の看護師で、県は接触者の調査を進めている。

  県音楽文化振興事業団の職員感染

 石川県音楽文化振興事業団は7日、40代の男性職員が感染したと発表した。濃厚接触者はおらず、運営する県立音楽堂は通常通り開館する。7日の県の公表分に含まれていない。

無断転載・複製を禁じます